疲労による足の可動域に与える影響


こんにちは、Peaks Coaching GroupのHunter Allenです。今月、PCGはブルー​​リッジ山脈で私たちの21回目のサイクリングキャンプを開催しました。大多数の参加者からモーションデータをキャプチャするためにLEOMO TYPE-Rを利用する機会を得られたことは私にとって十分に幸運でした。主な目標は、ライダーが自分の動きの変化に基づいて、いつ疲労するのかを特定することでした。これは、彼らの足の角度範囲(彼らの足がどれだけ上下に動くか)またはPelvicの動き(Rotatio、AngleおよびRockを含む)であるかもしれません。疲労と動きは気まぐれであり、時には識別が困難です。疲れたときに足の動きを変えるライダーもいれば、上半身をもっと動かすライダーもいます。ふくらはぎの筋肉(腓腹筋)は、ペダリング時に足を所定の位置に保持ていますが、多くのライダーは疲労すると、同じ動きの範囲内で足を保持することはできなくなります。あるライダーにとっては可動域を減り、他のライダーによっては可動域を増やすことを意味します。多くのライダーは、疲れたときに上半身の動きを変えます。揺れであるPelvicRotatioおよびRockを増加させる傾向があり、さらにはPelvicの角度を変更することさえあります。このことを念頭に置いて、私たちは全体像から疲労を識別できるかどうかを確かめるためにLEOMO TYPE-Rを使いました。

私たちの最初のライダーはキャンプで「長い」1日を終えました。2つの登りを含む、95マイルを乗りました。 このライダーは、ライド全体を通して足の角度の範囲に
変化はでていませんでしたが、最初のクライミング後(まだフレッシュな間)と2回目のクライミング後を比較すると、Pelvicデータに大きな変化がありました。 彼はより空力的な姿勢になるためにライドの終わり近くでPelvicAngleを下げました。そしてライド後半で、より多くのPelvicRotatioを動かしていました。それは疲労により、ペダリングの動きを助けるためにより上半身を使う必要がありました。( 図1を参照してください。)


図1

2人目のライダーでは、ライドの終わり近くでFARまたはFootARの角度範囲が増加しています。 このライダーは疲労した状態で足を動かしていました。 その理由は、ふくらはぎの筋肉があまりにも疲れていたため、足を通常の位置に保持できなくなったためです。図2を参照してください。

図2

次の例は私ですが、 私たちの長いライドでは、乗り超えなければならない2つの山があります。 最初のクライミングでは、私は比較的にクライミング中ずっと気分が良く走っていましたが、図3から、私のFARはクライミングの終わり近くで大きくなっていました。 私は、この変化が1週間のライドで蓄積した筋肉疲労に起因すると考えています。 2回目の登りでは、反対のことが起こり、登り中に私のFARが小さくなることが図3でわかります。 私はこの登りで疲れていましたが、頂上に近づくにつれて急勾配ではなくなり、それが私のFARを減少させたと私は信じます。 全体として、私のFARが両足で増加したという傾向を見ることができます、そしてまた、疲労とそれがどのように運動に影響を与えるかを示します。

図3

疲労を特定することがなぜそれほど重要か。 疲労が始まる時期を正確に特定できれば、アスリートの持久力とスタミナに対するより深い洞察が得られます。 これにより、ライダーやコーチは、アスリートのトレーニング計画の次のステップについて十分な情報に基づいた決定を下すことができます。 今後の記事では、TYPE-Rでキャプチャされたデータに基づいて、トレーニング方法について説明します。


Leave a comment

Please note, comments must be approved before they are published