LEOMO、第一線を走り続ける佐藤悠基選手とパートナーシップ契約を締結。科学的サポートを行うとともに、佐藤選手の分析データを基にした独自のコンテンツを共同開発

怪我の予防やターゲットレースへの戦略強化の助言に加え、これまでの競技生活における経験や知識を取り入れ、パフォーマンス向上や怪我予防に活用頂けるコンテンツを共同開発

LEOMO, Inc.(本社コロラド州ボルダー)は、 SGホールディングス所属の佐藤悠基選手とのパートナーシップ契約を締結いたしましたのでお知らせします。

当社では既にTYPE-Sおよびセンサーデータを活用し市民ランナーが利用できる「ランニングパフォーマンスクリニック」や、トップアスリートに向けたサービスを提供しております。
本契約のもと、佐藤選手のデータ解析を基に怪我の予防やターゲットレースに向けた戦略強化につながる助言を行うだけではなく、これまでの競技生活における経験や知識を取り入れたLEOMO独自の新しいトレーニングメソッドや、弱点や改善点を効率良く克服し、パフォーマンス向上、また怪我予防に活用頂けるコンテンツを共同開発します。

また、佐藤選手の競技に対する考え方や取り組みを詳細なフォームデータと併せ多くのランナーと共有できる機会の創出も行ってまいります。


佐藤 悠基(さとう ゆうき)について
2012 ロンドンオリンピック代表、箱根駅伝最古の1区区間記録保持者
所属チーム:SGホールディングス
生年月日:1986年11月26日
出身:静岡県駿東郡清水町
出身校:佐久長聖高等学校~東海大学
自己ベスト:5,000m 13’13”60, 10,000m 27’38”25, マラソン 2:08:58



SGH 佐藤 悠基 選手 のコメント

「怪我さえしなければもっと強くなれる」そう信じて日々トレーニングを続けています。
昨年の日本選手権や今年のニューイヤー駅伝では好成績を修めることが出来きました。
常にトップレベルでいるためには日々の体の変化を客観的かつ定量的に把握し怪我を避けつつ、効率的にトレーニングを重ねる必要があります。LEOMO社のTYPE-Sのデータを細かく見てみると、調子や疲労感といった自分の感覚、その後の故障と、数字から読み解かれた解析結果が一致していることが分かってきました。
私がこれまで培ってきた経験とLEOMOさんのスポーツサイエンスに基づいた技術やノウハウを合わせることで自分の結果に繋がるだけではなく、周りの選手や広く一般のランナーの皆さんにも、これまでとは全く異なる感覚だけに頼らない、非常に効率的なトレーニングに取り組めるようになるものと期待しています。

 

LEOMO,Inc. 共同創業者CEO 加地 邦彦 のコメント
当社では各々のスポーツにおいて正しい動きが存在し、その動きを行うことがパフォーマンスの向上や怪我の予防につながるものと考えております。今回国内でも最も美しいフォームで走り、かつ経験の豊かな佐藤選手とご一緒出来ることはまさにそのコンセプトに合致したものであると考えております。未だ進化する佐藤選手に当社の解析が加わることでさらなる進化につながればと思います。また、佐藤選手の美しいフォームを細かく分析し、一般の市民ランナーや佐藤選手を目指す若い選手たちに自身のフォームと何が違うかを明らかにすることで、単に距離を走ればいいというところから、佐藤選手のように考えて走る事のきっかけになればと考えております。



LEOMO ランニングパフォーマンスクリニックについて

完全リモート型のランニングフォーム解析サービスです。税抜4600円という低価格から利用が可能で、デバイスオーナーへの提供に加え、計測に必要なデバイスを全てレンタルできるプランも含まれ、時間や場所にとらわれる事なく走り慣れたシューズでの計測が手軽に行えるだけではなく、トップアスリートにも提供される詳細なフィードバックやアドバイスを受けることができます。
ウェブサイトURL:https://www.leomo.io/pages/running-performance-clinic-jp


LEOMO TYPE-S について
TYPE-Sは2つのラインナップがあり、LEOMOモーションセンサー2つを同梱したモーション解析のビギナー向けパッケージであるTYPE-Sセンサーキット(税抜49,800円)およびLEOMOモーションセンサー5つ全て同梱したTYPE-Sセンサーキットプロ(税抜89,800円)をアマゾン、Yahoo!ショッピングの直販サイトをはじめ正規販売店等で販売しております。
ウェブサイトURL:https://www.leomo.io/pages/product-type-s-jp


Live Video Sync (LVS) について
iOS上で動作するアプリケーションでiOSデバイスのカメラを用いて120fpsまたは240fpsでの動画と同時に記録されているLEOMOモーションセンサーやANT+センサーから送られてくるデータと併せて1つのアクティビティログとして記録することができ、その場で再生することでトレーニングやレース現場での即座のフィードバックも行え、ログをインターネット上に出力する事も可能です。税抜20$から利用が可能なサブスクリプションサービスとなります。
ウェブサイトURL:https://www.leomo.io/pages/product_lvs


LEOMO, Inc. について
2012年に加地邦彦と、孫泰蔵が創業し活動するMistletoe株式会社によって設立され、アメリカ ボルダーの本社及び品川区五反田の東京オフィスにおいて、スポーツデバイスとそれに連動するサービスの開発を行っています。
ウェブサイトURL:https://www.leomo.io/




本リリースに関するお問合せ先
LEOMO,Inc.(リオモインク)
担当:佐々・才田 Email:press@leomo.io
東京オフィス:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル7F