LEOMO、シリアスアスリート向けスポーツパフォーマンスコンピューターTYPE-Sを発売開始

国際的な競技スポーツの舞台においてモーション解析の分野でイノベーションを起こすLEOMOは、モーション解析機能を備えたAndroidデバイスであるスポーツパフォーマンスコンピューターTYPE-Sを、1月6日米国ネバダ州ラスベガスでの2020年Consumer Electronics Show (1月7日-9日)において正式に発表致しました。 

TYPE-Sは最先端の情報や技術を取り入れて自分のパーフォマンスを向上させたいシリアスなアスリートが、トレーニングやレースにおいてモーション解析の力を有効活用できるように開発された製品です。TYPE-SはLEOMO独自のIMU(慣性測定ユニット)センサーとそこから得られるモーションパフォーマンスインディケーター(MPI)、そしてインターフェースをカスタマイズ可能な専用のパフォーマンストレッキングアプリLEOMO Appを備え、サイクリングのみならずランニングやウェイトトレーニングなども視野にモーション解析機能を提供していきます。

TYPE-SはAndroid 9.0 OSで動作し、アスリートはGoogle Payストアから好みのアクティビティトラッキングアプリをダウンロードし、ワークアウトやレースにおいてGPSマップを駆使したり音楽を聞いたりすることができます。またTYPE-SはWi-Fi接続に加えてnanoSIMカードを使って2G/3G/LTE接続することができるため、スマホとしての利便性も兼ね備えています。

TYPE-Sはリアルタイムでのトレーニングデータのトラッキングからemailの送信、通話やインターネット検索、GPSマップの活用から写真撮影・ビデオ録画、更にはGoogle Playのアプリ利用など、全ての事が1台で実現する”All in One”な商品として完成しました。その一方で、クレジットカードサイズのコンパクトなボディを有し重量はわずか110グラムというアスリートにとって望ましい携帯性も実現しています。また、強い日差しの下でも非常に鮮明な3インチの半透過型ディスプレイの採用とIPX7防水等級を満たすことであらゆる環境や天候に対応し、別売のパワーマウント(拡張バッテリー)を併用することで最大18時間の利用を可能としています。

TYPE-Sはアスリートがトレーニングやレースのデータを全て1台で収集できるデバイスでもあります。 ANT +およびBluetooth®での各種センサーとのワイヤレス接続によりパワー、ケイデンス、速度、ペース、心拍数、高度データなどをトラッキングできます。これらに加えて TYPE-Sは最大5つのLEOMOモーションセンサーのデータを専用のBluetooth®チップを介して送信されるように設計されています。各センサーの3軸ジャイロスコープと3軸加速度計からキャプチャーされたデータはフィルター処理されユーザーにすばやくMPIデータとして提供されますが、専用のBluetooth®チップを用いることで接続安定性を高めております。

「TYPE-Sは、スポーツのパフォーマンス分析を確実に次のレベルに押し上げる革新的なデバイスです」とLEOMOのCEOで共同設立者でもある加地邦彦は述べています。「今後、様々なレベルやスポーツのシリアスな競技者のパフォーマンス向上を後押ししていくべく、ハードウェアメーカーやアプリのデベロッパーとの協業を幅広く進めていきます」

 

2012年の創業以来、LEOMOはアスリートやコーチが従来感じていた壁を取り払い、次なるレベルに到達することを支援するために実用的なモーションデータの提供に取り組んできました。 LEOMOはIMUセンサーを用いて数多のサイクリスト、ランナー、トライアスリート、ウェイトトレーニングアスリートのパフォーマンスを評価しています。その結果として今まで研究室のみで利用可能だったモーション解析をTYPE-R、そしてLive Video Sync(LVS)といった製品を通じて競技スポーツの現場にもたらしてきました。

LEOMOはサイクリングの分野においてはLotto Soudalの鉄人アダム・ハンセン選手や著名なプロコーチであるセバスチャン・ウェーバー氏を始め数多くのトップサイクリストやコーチに利用され、また協業してきました。TYPE-Sの発売に伴い、その成果としてアスリートが自分でターゲットとするMPIの値を設定し、実際の数値が乖離すると画面上で確認できる画期的な新機能を今月中旬より提供開始致します。

「TYPE-Sは正確なデジタルでのフィードバックと洞察が得られるため、アスリートにとって真のゲームチェンジャーです」と、サイクリングワールドツアーチームのLotto-Soudalのプロサイクリストであり、現在まで13年に及ぶワールドツアーでのベテランであるアダムハンセンは語っています。 「LEOMOのモーショントラッキングテクノロジーにより、サイクリストは自分の体の位置、動きのパターン、全体的なパフォーマンスをリアルタイムで理解できます。そのデジタルなフィードバックを確認することで、効率性やパワー、一貫性を向上する重要な変更を加えることができます」

同社は現在ランニング向けのMPIの開発と普及を加速させるため、ランニングの長距離界で著名なケニアのランニングコーチであるティモ・リモ氏および国際的に有名なオランダのスポーツ・エージェント会社Volare Sportsと協業を開始しております。LEOMOは今年3月を目処にランニングのMPIの発表を予定しており、これによりあらゆるレベルのランナーのランニングエコノミーや安定性、持久力などの向上に貢献し、また一方でランニングによる怪我の予防に役立てられると考えています。

LEOMOはランニング以外にも新たなスポーツの分野に向けたMPIの開発に着手しており、今後もパートナーと積極的に協力して、新しい革新的なスポーツ分析を提供していきます。

製品情報

商品名 型名 発売日 価格

TYPE-Sセンサーキットプロ

LEM-TS1 + LEMS-MS5

1月7日

89,800円(税別)

TYPE-Sセンサーキット

LEM-TS1 + LEMS-MS2

1月7日

49,800円(税別)

 

LEOMOは、LEOMOモーションセンサー2つを同梱したモーション解析のビギナー向けパッケージであるTYPE-SセンサーキットおよびLEOMOモーションセンサー5つ全て同梱したTYPE-Sセンサーキットプロをアマゾン、Yahoo!ショッピング直販サイトに加え、なるしまフレンド神宮店アスロニアベックオンの店頭でも発売開始します。

商品ページURL(英語):https://www.leomo.io/pages/introducing-type-s

 

LEOMO, Inc.について

2012年に加地邦彦と、孫泰蔵が創業し活動するMistletoe株式会社によって設立され、アメリカ ボルダーの本社及び品川区五反田の東京オフィスにおいて、スポーツデバイスとそれに連動するサービスの開発を行っています。社員数は53名(2020年1月現在)。

ウェブサイトURL:https://www.leomo.io/

採用情報:https://www.leomo.io/pages/careers

本リリースに関するお問合せ先

LEOMO,Inc.(リオモインク)

広報担当:木野内、福地 Email:press@leomo.io

東京オフィス:〒141-0031 東京都品川区五反田7-22-17 TOCビル7F

 

仕様書

Size w 3.9" x h 2.0" x d 0.6" (98mm x 51.6mm x 15.8mm)
Weight 110 g (Main Unit)
plus Multi-Sport Adapter: +27 g
plus Power Mount: +73 g
Waterproof Rating TYPE-S Main Unit: IPX 7
Display 3.0", WQVGA (400 x 240), Color (65k), Transreflective type
Touch Panel Capacitive, Multi-touch point
GPS Yes (GPS / GLONASS / BDS / Galileo)
Wireless Technology ANT+, Bluetooth 4.1*, Bluetooth Low Energy,
Wi-Fi (802.11 a (5GHz)/b/g/n (2.4GHz)
* A separate Bluetooth chip is provided to ensure the 5 LEOMO Motion Sensors have a stable connection
WWAN GSM(2G): 850, 900, 1800, 1900
WCDMA(3G): B1, B2, B5, B8
FDD-LTE: B1, B2, B3, B4, B5, B7, B8, B12, B17, B20, B28
TDD-LTE: B38, B41
Cameras Front Camera:
PHOTO: 5 MP (2592 x 1944 resolution)
VIDEO: 1080p, 30fps
Main Camera:
PHOTO: 13 MP (4208 x 3120 resolution)
VIDEO: 1080p, 30fps
Built-in Sensors Accelerometer,
Barometric Altimeter,
Compass,
Gyroscope,
Ambient Light Sensor,
Proximity sensor
Battery Built-in
Main Unit: 1900mAh (min)
Battery Life
LTE Connection
ON
5 Motion Sensors
Connected
Off
Built-in Battery only
8h 30m
9h 30m
w/ Power Mount
14h
15h 40m


LTE Connection
OFF
5 Motion Sensors
Connected
Off
Built-in Battery only
9h 50m
11h
w/ Power Mount
16h 10m
18h


All measurements were conducted under: Display Brightness: Min, Temperature: 73°F(23º C), GPS: On, 3 ANT+™ Sensors Connected.
Battery life has the potential to be shortened depending on the situation. For example, when the temperature is low.
Low/high temperature conditions might temporarily shorten battery life, and could potentially stop charging from the Power Mount and cause the device to turn off.
The behavior will return to normal when you bring the device within the range of operating ambient temperature.
Avoid leaving the device in high-temperature environments like bright sunlight.

Battery Charging Time
2h 30m to 3h depending on battery configuration
  • TYPE-S Only: 2h 30m
  • TYPE-S + Power mount: 3h
Memory RAM: 3GB / ROM: 32GB
User available space: 21.22GB (This capacity may change after updating software/OS)
Export Data Formats (Filetypes) .fit (w/ LEOMO Cloud)
Languages (UI) English, Spanish, German, French, Italian and Japanese
Pre-installed apps LEOMO App,
App Updater,
Play Store,
Maps,
Google,
YouTube,
Drive,
Gmail,
Calendar,
Play Movie,
Play Music,
Camera,
Keep Notes,
Files,
Duo,
Messages,
News,
Phone,
Photos,
Settings,
Wallpapers,
Calculator
Quantity Provided 5
Size W 1.5 x H 1.5 x D 0.3 in
W 37 x H 37 x D 7.8 mm
Weight 12 g
Waterproof Rating IPX7
Built-in Sensors Accelerometer
Gyroscope
Battery Life approx. 7h 50m
Battery Charging Time 1.5 hrs
Battery Built-in Li-ion Polymer Rechargeable Battery