LEOMO、セバスチャン・ウェバー氏との戦略的提携を発表

- トニー・マルティン、ピーター・サガンなど数々のアスリートを育てたコーチ、STAPAラボ&コーチングサービスの創始者 -

 

アスリートパフォーマンスを⽀えるモーション解析デバイスメーカーのLEOMO, Inc.(リオモ)は、STAPSラボ&コーチングサービスの創始者であり、プロスポーツコーチのセバスチャン・ウェバー(Sebastian Weber)氏との戦略的なパートナーシップ契約を締結しました。エンデュランス・スポーツを対象とした製品やサービスの研究開発を、共に取り組んでまいります。

今後LEOMOは、米国、日本のサイクリストやトライアスリート向けに販売した既存概念を変える画期的なTYPE-Rを、欧州のバイクフィットター、エンデュランス・スポーツ競技選手、そしてそのコーチに提供する予定です。 LEOMOのTYPE-Rは、アスリートのフォームを最適化し、効率性及びパーフォマンスを最大化させ、同時に怪我を未然に防ぐ機能が期待されてます。

LEOMO のCEO、加地邦彦は以下のように述べています。

「セバスチャンが指導している競技サイクリストとの実地テストを一緒に実施し、LEOMO製品開発の一環として、セバスチャンの先進的コーチング方法論に基づいたデータ取得と分析に取り組めることに大変興奮しております。LEOMOの戦略と大変相性のいいINSCYD(注1)のアスリートパフォーマンス解析ソフトウェアを使って行われている指導実績は、大変素晴らしいものだと思っております。こうした高い成功を収めてきたセバスチャンとのパートナーシップを、本当に楽しみにしております。」

また、ウェバー氏は以下のようにコメントしております。
「LEOMOとのパートナーシップに大変に興奮しております。LEOMOは若いブランドですが、彼らのモーション解析デバイスTYPE-Rは、選手のパワーを測定し、優れた補完ができる性能を備えております。TYPE-Rは世界で初めて屋外でのモーション解析を実現させ、サイクリストに今まで欠けていた強力な武器を提供する事ができると思います。今後TYPE-Rは、選手に貴重な洞察を与え、強い競争力を与えると確信しています。」

セバスチャン・ウェバー氏は、この10年以上にわたり世界でも有数のプロサイクリングチームのヘッドコーチを務めております。まずセバスチャンは、スポーツ科学と分子生物学の研究に専念しました。その後、筋肉エネルギー代謝の研究分析に従事し、それをサイクリングトレーニングに適応したいくつかの研究プロジェクトを実施しました。その経験を活かして28歳の時にT-Mobileプロサイクリングチームのヘッドスポーツサイエンティストに就任しました。そして現在セバスチャンは、世界のトップチームであるHighroad、Columbia、HTC、Katusha、Lotto、Cannondale等のヘッドコーチ/ヒューマンパフォーマンスヘッドとして、プロサイクリングの世界で活躍を続けています。

2006年にセバスチャンは、STAPSヒューマンパフォーマンスラボ(注2)をドイツで設立しました。彼のコーチングメソッドは、トゥール・ドゥ・フランス、ジロ・デ・イタリア、ヴェルタ、世界選手権やオリンピックで、多数の勝利を勝ち取る助けとなりました。

セバスチャンのエネルギー代謝解析を応用したメソドは、水泳、トラックサイクリング、スピードスケート、サッカーなど他のプロスポーツにも適用可能となる、アスリートパフォーマンス解析ソフトウェア“INSCYD”の完成につながりました。 また2015年、セバスチャンは“get-Aero.comプロジェクト”を開始しました。これは、あらゆるレベルのサイクリストとトライアスロンにとって、効果的な空力特性を実現させる新しいプロジェクトであります。

セバスチャンがコーチしたアスリートは、オリンピックや世界選手権で多数のメダルを獲得しており、以下の選手達が含まれます。:

- Tony Martin
- Peter Sagan
- Andre Greipel
- Alban Lakata
- Ivan Basso
- Davide Formolo
- George Hincapie
- Nicole Leder
- Bert Grabsch
- Anton Vorobjev
- Sergei Chernetckii
- Kim Kirchen

注1)アスリートパフォーマンス解析ソフトウェアINSCYD https://www.inscyd.com/
注2)略語は、STAPAラボ&コーチングサービス

■LEOMO TYPE-R概要:

商品コード:LEMS-TYPER
JANコード/ISBNコード:4573449160018
価格 96,984円(税込)+送料(東京都は 送料907円)
Yahoo! ショッピングURL: https://store.shopping.yahoo.co.jp/leomo/
※条件により送料が異なる場合があります

■LEOMO TYPE-Rの商品説明:
TYPE-Rは、3軸のジャイロセンサーと3軸の加速度センサーを搭載したコンパクトな5つのセンサーをサイクリストの体に取り付け、その動きをリアルタイムで計測&視覚化します。これにより小さな変化も感覚ではなく数値化されたデータとして追うことができる、全く新たな形で科学的トレーニングを支援するツールです。
特に競技アスリートとコーチにとってモーション解析を活用してそのパフォーマンスを最大限発揮できるように設計されており、アスリートのフォーム、効率、パフォーマンスを最適化することを手助けし、更には怪我の防止や怪我からの回復を助けます。

これまでモーションキャプチャーなどのアスリート向けのモーション解析は、ラボやスタジオでの精密かつ高価なシステムによる測定に限られており、より現実に近いトレーニングやレースの条件を反映することが出来ませんでした。モーション解析を屋外でも可能にするTYPE-Rは、アスリートやそのコーチがトレーニングや競技を行う環境と同じ条件下で、日々、気軽にモーションデータの収集を行うことができます。

本年3月TYPE-Rは、国際的に権威のあるデザイン賞「iF デザインアワード」において、最高位の金賞を受賞しました。これはアスリート向けデバイスでは史上初になります。「TYPE-R」についての詳細は、iF WORLD DESIGN GUIDE にてご覧いただけます。
https://ifworlddesignguide.com/search?search=LEOMO#/page/entry/229513-leomo-type-r/

■LEOMO TYPE-Rの特徴:
TYPE-Rは、タッチスクリーンを搭載しており、ハンドルバーまたは手首に取り付けることができ、ANT +™対応の汎用のセンサーと接続することで、パワー、パワーバランス、ケイデンス、心拍数を表示することも可能です。
TYPE-R本体だけで、他社の高価格帯のサイクリングコンピュータに匹敵する性能を持っておりますが、TYPE-Rの一番の特徴は、5つものLEOMOモーションセンサー(Bluetooth®接続)を標準で付属していることです。そのセンサーは、3軸のジャイロスコープと3軸の加速度センサーを搭載しており、センサーを着用したアスリートの動きやフォームを正確に計測します。LEOMOモーションセンサーは、左右の膝の上部と靴、腰(仙骨)の上、胸の中から5か所に装着し、今まで測定できなかった下記のような動きを測定することができます。

<6つのモーションセンサーのポジションと解析指標>
ポジション(1)右足 / Right Foot 、(2)左足 / Left Foot
解析指標1.Dead Spot Score: 1ケイデンス内で、ペダル速度がスムーズではない箇所の大きさと位置を特定
解析指標2.Foot Angular Range:ペダリング時に踵がどれだけ上下に動くかを測定
解析指標3.Foot Angular Range (Q1):クランク位置が0時から3時の間で踵がどれだけ上下に動くかを測定

ポジション(3)右大腿部 / Right Leg 、(4)左大腿部 / Left Leg
解析指標:Leg Angular Range:ペダリング時に腿がどれだけ上下に動くかを測定

ポジション(5)仙骨(骨盤) / Pelvic
解析指標1.Pelvic Angle:骨盤の前傾角度を測定
解析指標2.Pelvic Rotation:骨盤の上下軸(背骨軸)を中心とする回転運動を測定
解析指標3.Pelvic Rock:骨盤の前後軸(腹から背中にかけての軸)を中心とした回転運動を測定

ポジション(6)胸(上半身)/Torso
解析指標1.Torso Angle:胸(上半身)の前傾角度を測定
解析指標2.Torso Rotation:胸(上半身)の上下軸(背骨軸)を中心とする回転運動を測定
解析指標3.Torso Rock:胸(上半身)の前後軸(胸から背中にかけての軸)を中心とした回転運動を測定

<LEOMO, Inc.について>
加地邦彦と連続起業家の孫泰蔵によって設立され、以来、アメリカ ボルダーの本社および港区西麻布の東京オフィスにおいて、スポーツデバイスの開発・製造・販売と、それに連動するサービスの開発を行っている。社員数39名(2018年3月現在)。2012年創業。
会社情報: https://www.leomo.io/
採用情報: https://www.leomo.io/pages/careers

<本リリースに関するお問い合せ先>
LEOMO, Inc. (リオモインク)
広報担当 小田 E-mail : press@leomo.io
東京オフィス所在地:〒106-0031 東京都港区西麻布1丁目10-8