LEOMO、UCIワールドチームのモビスターチームと戦略的パートナーシップを発表

モビスターチームの知識とLEOMOの技術を掛け合わせ、共同して選手のパフォーマンス向上への取り組みを行い、得られた役立つ知見を多くのサイクリストへ開放する新たなビジネスモデルを構築

LEOMO, Inc.(本社コロラド州ボルダー)は、 UCIワールドチームのモビスターチーム(スペイン)との戦略的パートナーシップを3月17日に正式に発表いたしました。
 
LEOMOはサイクリストやトライアスリートが抱えるパワーに頼ったトレーニングでの伸び悩みを打破するため、これまで何千ものサイクリストの解析を行い培った技術により、怪我することなくより効率的に速く強くなるための製品やサービスをあらゆるレベルの利用者へ提供してきました。
 
本契約のもと、LEOMOはモビスターチーム(男子、女子、eチーム)への単なる製品提供に留まらず、独自に開発したテストプロトコルに基づくデータ解析で選手の弱点を明らかにし、サイクリングフォーム、バイクポジション、サイクリングエコノミーの向上に関するフィードバックを通じて、トレーニングやレースでのパフォーマンスの質を上げることにコミットしていきます。
 
また今回のパートナーシップを通した取り組みの延長線上として、LEOMOは将来的に、自転車競技のプロチームが抱えている現在のビジネスモデルの課題においても解決に取り組み、且つ一般のサイクリストにも役立たつような新たなサービスの展開を視野に入れております。
 
モビスターチームCEOのミゲル・グラバロス氏は「我々はチーム全体として最先端のテクノロジーを活用したアスリートのパフォーマンス向上とそのプログラムの研究開発に取り組んでいます。このLEOMOとの価値のある提携を通じて彼らのテクノロジーと知見がロード選手のパフォーマンス強化に繋がるのはもちろんのこと、eチームにも取り入れることでアスリートの強化プログラムの新たな道を切り開いていけるものと思っております。」とコメントしております。
 
モビスターチームについて
ウェブサイト(英語)URL:https://movistarteam.com/
 
LEOMOの共同創業者でCEOの加地邦彦は、「今回のパートナーシップはモビスターチームのトレーニングやレースでのパフォーマンス向上のみならず、その知見をアマチュアのサイクリストやコーチに開放することにより、プロフェッショナルサイクリングの世界に新たな道標となる取り組みになるだろう。」とコメントしております。
 
LEOMO TYPE-S について
TYPE-Sは2つのラインナップがあり、LEOMOモーションセンサー2つを同梱したモーション解析のビギナー向けパッケージであるTYPE-Sセンサーキット(税抜49,800円)およびLEOMOモーションセンサー5つ全て同梱したTYPE-Sセンサーキットプロ(税抜89,800円)をアマゾン、Yahoo!ショッピングの直販サイトをはじめ正規販売店等で販売しております。
ウェブサイトURL:https://www.leomo.io/pages/product-type-s-jp
 
LEOMO リモートバイクフィッティングサービスについて
米国及び日本で提供され大好評をいただいている完全リモート型のバイクフィッティングサービスです。サービスにはデバイスのレンタルが含まれ、自宅にいながら適正なポジションの提案を受けることができます。プランはサドル高の提案を受けられるベーシックプラン(税抜9,800円)と、サドル高に加えサドル前後位置までの提案を受けられるスタンダードプラン(税抜12,800円)からお選びいただくことができます。

LEOMO, Inc. について
2012年に加地邦彦と、孫泰蔵が創業し活動するMistletoe株式会社によって設立され、アメリカ ボルダーの本社及び品川区五反田の東京オフィスにおいて、スポーツデバイスとそれに連動するサービスの開発を行っています。
ウェブサイトURL:https://www.leomo.io/
 

EUでモビスターチームとの活動を行う弊社のAdam HansenとJonathan Dibbenの様子

本リリースに関するお問合せ先
LEOMO,Inc.(リオモインク)
担当:佐々・才田 Email:press@leomo.io
東京オフィス:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル7F